カレンダー
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
  • カテゴリーなし

企業における管理

一般的な企業でも、安価に高い機能のオフィスソフトウェアが使えたり、あるいは型落ちしたサーバーの延命などにクラウドが使われています。
クラウドサービスには、コンシューマー向けのサービスと、企業向けのサービスとに分けることができます。

企業向けのクラウドサービスとは、社内で運用するクラウドサービスです。
社内クラウド運用は、クラウド本来のメリットを十分享受するために、色んな施策が必要になっていきます。

そもそもクラウドとは、大量のサーバーを用いて、仮想空間でデータを一括運用するシステムです。
きちんと運用管理されていないと、それこそセキュリティ上の問題があります。クラウド運用の唯一の弱点は、このセキュリティとの折り合いをどのようにつけるかという点です。
社内でクラウド運用をする際に、きちんと運用管理するためには、ポイントを絞って管理するしかありません。

クラウド運用には、外部の企業も当然かんでくる話なので、社内のITチームで良く話を揉んでおかないといけません。
運用管理というと、なんだかシステム管理のような業務を想像する人がいそうですが、そうではありません。
運用管理とは、外部の企業の施策も含めた、管理を指します。

かけるコストに対して、どのようなメリットがあるのかを見ておかないといけません。

おすすめサイト

経費精算などの処理が簡単にできるのは|ビジネスナビタイム
クラウドを安価でバックアップしたいなら|extorage
クラウド運用が気になるならこのサイト!:株式会社ビリーフワーク
円滑なシステムの運用管理を実現するなら|サイバー・ソリューション
QoSについて知るならこちら| Anritsu Networks